想定KW:膣 ゆるみ 原因/膣 ゆるみ 治す など

くしゃみや咳をした時に少量の尿が漏れる、入浴やプールで泳いだ後に水が出てくる…これらは膣のゆるみによって起こる症状です。吸水シートを使ったり、温泉やプールは避けるなど、対策はありますが、いつも心配していなければならないのはゆううつですよね。また、性交時にパートナーから指摘された、出産後は自分でも気になっているという人もいるのではないでしょうか。
そこで、膣のゆるみはなぜ起きるのか、その原因と対策についてまとめました。心当たりのある人はぜひ参考にしてください。

膣のゆるみで起こる症状

膣のゆるみは尿漏れや膣内に水が入る他にも様々な症状を引き起こします。日常生活に支障があったり、健康に影響を及ぼすケースもあるので、女性器形成クリニックで相談してみることをおすすめします。

尿を我慢しにくくなってきた

若い頃は尿意を感じてもしばらくは我慢できたのに、最近はすぐにトイレへ行かないと不安…こんなケースは膣がゆるみ、膀胱や尿道を支える力が弱くなっていることが考えられます。

性交時や座った時などに膣から空気が漏れる音がする

水が入るのと同様に、空気が膣内に入っておならのような音がすることがあります。

お尻が垂れてきた

膣のゆるみの原因のひとつに、骨盤底筋群の衰えがあります。この筋群はお尻を支える役割の一部を担っているので、お尻が垂れることにも繋がります。

子宮脱の原因にも!

骨盤底筋群が衰えてくると、子宮も下に下がってきます。その結果、膣壁がめくれたように体の外に出てしまうことがあります。子宮脱と言う症状ですが、膀胱や直腸が圧迫されて排尿・排便障害や性交痛の原因にもなるので、適切な治療が必要です。

膣のゆるみの主な原因は?

膣のゆるみの主な原因は骨盤底筋群の衰えです。では、なぜ骨盤底筋群が衰えてしまうのか、その他に考えられる原因と併せて解説します。

妊娠・出産

出産回数の多い女性は膣がゆるみやすいとされています。その理由は、妊娠・出産によって骨盤底筋群がダメージを受けてしまうからです。
妊娠中に胎児や大きくなる子宮を支えたり、出産時にいきむことで骨盤底筋群が引き伸ばされて、収縮力が低下します。妊娠中や出産後、尿漏れが起きやすくなるのもこのためです。産婦人科では産後の指導の一環として、回復を促進する骨盤底筋群のトレーニングを勧めています。

老化

加齢による筋力の低下や、肌のハリや弾力の源であるコラーゲンの減少に伴って弾力がなくなってきます。そのため、膣が柔軟性を失い、ゆるみに繋がるのです。

女性ホルモンの減少

閉経後は女性ホルモンの減少によって、血液や細胞も少なくなるため膣壁がやせてきます。その結果、膣がゆるみやすくなります。

肥満

肥満によって内臓脂肪が蓄積したり、筋肉量が減少すると、骨盤底筋群への負担が大きくなります。

姿勢の悪さ

背筋を伸ばすと、自然にお尻に力が入るのがわかるはず。反対に、猫背だったりどてっと座っているとお尻や骨盤底筋群の筋力の低下に繋がります。

便秘

意外かもしれませんが、毎日長時間、いきんでいると出産時と同じように、骨盤底筋群に負荷をかけ続けることになります。

膣のゆるみを改善する方法は?

膣のゆるみを改善するには、骨盤底筋群のトレーニングや、膣壁を引き締めるなどの方法があります。まずは女性器形成クリニックに相談してみましょう。

膣縮小術

ゆるんだ膣周りの筋肉を外科的に修復する方法。効果は最も高いのですが、回復期間が約2ヶ月と長いこと、膣が狭くなることなどのデメリットもあります。また、健康保険の適用外なので、費用は全額自己負担になります。

高周波治療(ビビーブ)

高周波(RF)エネルギーによって膣内のコラーゲンを増やすことでゆるみを改善する方法です。痛みや出血もなく、30分程度の施術で済むので人気が高まっています。ただし、効果は永続的ではないので、年に1度の施術が必要です。

磁気治療(ペルビックトレーナー)

骨盤底筋群を筋肉トレーニング機器で刺激して鍛える方法。1回の治療時間は約20分で痛みもなく、座ったまま行えるので特に高齢者に向いています。1、2週間に1度の通院を継続する必要があります。

膣圧トレーニング

さまざまな方法がありますが、主なものは脚を肩幅に開き、尿を途中で止めるようなイメージで膣に力を入れて5秒間キープ。その後5秒かけてゆるめるまでを1セットとし、1日5セット行うというメニュー。自宅でもできる手軽さが魅力ですが、トレーニングを中止すると筋力は再び衰えてしまうというデメリットも。

膣のゆるみ、一人で悩まないで!

自分の膣がゆるんでいるかも…誰にも言えない悩みは、女性器形成クリニックで相談してみましょう。本当にゆるんでいるのか、適切な治療法は、などがわかるだけでも気分が軽くなるはず。まずはカウンセリングを受けてみてください。