想定KW:クリトリス 症状 原因/クリトリス 症状 治療 など

クリトリスは女性の体の中でも最も敏感な部分で、男性の亀頭に該当します。しかし、生殖そのものには関係がなく、女性の性感を高めることに特化した器官です。普段は包皮に覆われていますが、かゆみや痛みといったトラブルを起こしやすいので注意が必要。感覚が鋭敏なだけに、苦痛を伴うことも多いようです。「何か変だな?」と思ったら、できるだけ早く婦人科や女性器形成クリニックを受診しましょう。
今回は、クリトリスに関するトラブルの症状やその原因、治療法について解説します。

クリトリスに起こりやすい症状とその原因

クリトリスによくある症状には、かゆみや腫れ、痛みなどが挙げられます。他人には相談しづらく、自分でもなかなか目にする機会がないので、不安に感じるかもしれませんね。医師に相談することはもちろんですが、原因になりやすいことを取り除くのも大切。症状を繰り返さないように、日頃から注意してみてくださいね。

かゆみ

女性器は構造上もともと蒸れやすく、細菌が繁殖しやすい条件を備えています。さらに下着やストッキングで締め付ける機会も多いので、クリトリスを含む外陰部にかゆみを感じる女性は少なくないでしょう。その場合は、綿素材など吸湿性・通気性のある下着を着用する、きつすぎる下着やストッキング、ボトムを重ねばきしないようにすることなどである程度改善されます。

併せて、清潔を心がけるようにしましょう。もちろん、石鹸でゴシゴシ洗うのはNGです。デリケートゾーン専用の石鹸を使って優しく洗い、しっかり洗い流してください。

クリトリスのかゆみに加えて、おりものの色や臭いが普段とは異なる時は、カンジダ性膣炎や膣トリコモナスなどの疾患の可能性もあります。その場合は、早めに婦人科など専門医を受診しましょう。

痛み

クリトリスの痛みは下着や生理用ナプキンによる擦れが考えられます。下着を肌触りの良いものに替えたり、ナプキンをこまめに交換するようにしてみてください。

水泡や潰瘍を伴う時は、ヘルペスなどウィルス性の疾患が考えられます。抵抗力が落ちると繰り返し発症するので、婦人科でしっかり治療することをおすすめします。

臭い

クリトリス周辺の皮膚は凹凸が多く、構造上汚れがたまりやすくなっています。そのため、臭いの元になることも。入浴時に丁寧に洗うことを心がけましょう。また、クリトリス包皮が通常より厚い場合には、女性器形成クリニックで適切な処置を受けるのも一つの方法です。

クリトリスの気になる症状を改善するには

クリトリスのよくある症状を改善するために、

  • 下着は通気性のよいものを選び、締め付けの強すぎるストッキングやガードルは避ける
  • デリケートゾーン専用の石鹸を使って丁寧に洗う
  • ナプキンはこまめに取り換える
  • おりものがおかしいと感じたら婦人科を受診する

などを意識してみてください。

また、あまり知られていませんが、クリトリス包皮が大きすぎる「クリトリス包茎」のためにさまざまなトラブルが起こりやすくなることがあります。汚れがたまりやすくなるだけでなく、性交時に感じにくくなることも。
クリトリスは男性の亀頭のように、性的に興奮すると同じように勃起して包皮が剥けるのですが、クリトリス包茎の場合、スムーズに行われないために感覚が鈍くなることが考えられるのです。

クリトリス包茎手術

クリトリスの包皮を、必要な部分を残して切除します。清潔を保ちやすく、性感が高まることも期待できる方法です。本当に切除が必要なのか、どの程度残すのかなど、事前に入念なカウンセリングが必須ですが、「もしかして?」と気になっているなら、思い切って相談してみましょう。

クリトリスの気になる症状は専門医へ!

繰り返しになりますが、クリトリスは神経が集中していて過敏な部位です。かぶれなどの症状を市販の薬で何とかしようとするのはあまりおすすめできません。クリトリスの悩みはやはり婦人科や女性器形成クリニックで相談するのがベストです。