想定KW:小陰唇 肥大 原因/小陰唇 肥大 症状/小陰唇 大きさ など

小陰唇は尿道や膣口の両側にあるひだ状の組織で、外的刺激や細菌の侵入などから保護する働きがあります。バストやウエストのサイズなどのように、他人と比較するような部分ではありませんが、近年「自分の小陰唇は大きいのではないか?」、小陰唇肥大ではないかと密かに悩む人が増えているのだとか。
では、どのような状態を「小陰唇肥大」と呼ぶのでしょうか?定義を始め、原因やどのような症状があるのか、対策はあるのかをまとめてみました。

小陰唇の大きさはどのくらいが平均?

体格や人種によっても異なりますが、小陰唇の平均的な大きさ(長さ)は膣口から最も外側までが2センチ前後とされています。海外では5センチ以上になると「小陰唇肥大」とするようですが、日本でははっきりとは規定されていません。

小陰唇は脚を閉じてまっすぐ立った時に、大陰唇(小陰唇の外側の柔らかい部分)から少し見えるくらいが標準的です。しかし、もし1センチ以上はみ出していても、本人が気にならなければ問題はありません。問題なのは大きさそのものよりも、ぴったりしたパンツを穿いた時や自転車に乗る時に痛みがある、頻繁に傷がついたり炎症を起こすといった、生活や健康に問題がある場合です。また、左右で形が違う、黒ずんでいるなど、見た目に関することも小陰唇肥大が原因になっているケースもあります。

小陰唇はなぜ肥大してしまうの?

小陰唇が肥大するのにはさまざまな原因があります。

主なところでは、

  • 遺伝
  • 妊娠や出産、閉経などによるホルモンバランスの変化
  • 下着や服の締め付けや擦れ
  • 加齢によるもの
  • 慢性的な炎症によるもの

などでしょうか。
ちなみに、小陰唇肥大は「性経験が豊富」「遊んでいる」から、という説はまったくのでたらめなので、信じないようにしてくださいね。

小陰唇肥大にはどんな問題がある?

小陰唇肥大そのものは、繰り返しになりますが、本人が気にならなければ問題ありません。しかし、痛みや違和感がある時は専門医に相談してみることをおすすめします。小陰唇が大きいと、どうしても傷がつきやすかったり、かぶれやかゆみといったトラブルを起こしやすくなるからです。また、慢性的な炎症はさらに小陰唇を肥大させることにもなりかねません。

小陰唇肥大は黒ずみにも繋がります。下着やきつめのボトムによる摩擦で刺激を受け続けると、皮膚は保護のためにメラニンを生成するからです。さらに締め付けによって血流が阻害されると、古い角質を排出して新しい皮膚細胞と入れ替わるターンオーバーが乱れることにも。その結果、皮膚は柔軟性を失って厚くなり、メラニンによる黒ずみが定着してしまうのです。

その他にも、

  • 汚れがたまりやすく、不衛生になりがち
  • 臭いの原因になることも
  • 見た目が気になって消極的になってしまう、人より大きいのではないか?と常に気にしてしまうなど、女性の心にも影響が

といったデメリットがあります。

小陰唇肥大を解消するには?

小陰唇肥大の悩みは、女性器形成クリニックで適切な処置・手術を受けることで改善・解消できます。大きすぎる部分を切除する手術が一般的ですが、近年ではレーザーを照射する「切らない」方法も増えてきています。

小陰唇縮小術

小陰唇の肥大や黒ずみ、ゆるみが気になる部分を切除したり、切れ目を入れて縫い縮める手術です。術前には、どのようなデザインにするか入念な打ち合わせが必要になります。クリニックによっては局部麻酔を使用して、経過を確認しながら手術を行うところもあります。また、小陰唇は血流が活発で、回復が早いことから、抜糸がいらない糸を使うことも。こうした細かい点や、手術の内容についてはカウンセリングの段階でしっかり確認しておきましょう。

インティマレーザー

エルビウムヤグレーザーを使用した、切開も縫合も必要のない婦人科治療機器です。レーザー照射によって小陰唇のゆるみが引き締められ、肥大が改善されます。また、黒ずみの緩和にも効果あり。麻酔クリームを小陰唇や膣口に塗布して行うので、痛みや熱を感じることはありません。

小陰唇の悩みを解消するなら専門医に相談するのが最短!

小陰唇の悩みは女性器形成クリニックで相談するのが最も確実です。自分の小陰唇が本当に人より大きいのかどうかもはっきりしますし、実際に肥大している場合は適切な治療法を提案してもらえるからです。カウンセリングだけなら無料のクリニックも多いので、まずは受けてみてくださいね。